リダイレクトチェッカー

リダイレクトを追跡します。「301リダイレクトが正しく設定されているか」等のチェックができます。

  • 入力されたURLを起点にしてリダイレクトを追跡し、リダイレクト・コード(HTTPステータス)を表示します。
  • HTTPステータスコードが「301」「302」「303」「307」「308」の時に、リダイレクト先として設定されているURLにアクセスすることを繰り返します。
    上記以外のステータスの場合は「最終URLに到達した」と判断し、結果を表示します。
  • 追跡可能なリダイレクトの数は9回です。
    RFC 1945では、「リダイレクトの回数は5回まで」となっています。

処理結果イメージ

処理結果イメージ
 URL